ペニスの平均サイズってどれぐらい?大きくさせる方法もご紹介!

「修学旅行先の大浴場で、友達とペニスの大きさを比べた」
なんて思い出はありませんか?

ペニスは男性のシンボル。

男性なら一度は自分のサイズを気にしてしまったことはあるはず。
しかし、大人になって他人と比べる機会はそうありません。

自分は平均サイズなのか、小さめではないのかと、一人で悶々と考えてしまう男性も多いと思います。

そこで今回は、実際のペニスの平均サイズとは一体どのぐらいなのか調べてみました。

  • 日本人の平均サイズ
  • 世界の平均サイズとは?

「日本人は小さい、外国人は大きい」とも言われますが、結果はいかに!?

また今よりもペニスを大きくしたい人向けに、ペニスを大きくする方法も4つご紹介します。

ペニスを大きくする4つの方法

  1. 増大サプリ
  2. チントレ
  3. ペニス増大器具
  4. 手術

是非参考にしてみてくださいね。

日本人のペニスの平均サイズ

まずは日本人のペニスの平均サイズについてです。
泌尿器科専門誌の論文によると、平均サイズは通常時で9.2cm、勃起時で13.1cmとのことです。

また、オナホールメーカーとして有名なTENGAのアンケートによると、以下のような結果が出ています。

50万人分のデータをとった平均サイズは、勃起時13.56cmです。
引用:TENGA-日本人の平均ペニスサイズが明らかに!?

差はありますが、13㎝ちょっとで間違いなさそうです。

皆さんはどう思われましたか?
筆者の第一印象は、「思っていたよりも大きいな」です。

続いては世界の平均サイズを見ていきましょう。

外国人と比べるとどうなの?

「日本人のペニスは外国人と比較すると小さい」と良く言われます。
こんな話を聞くと、どれほどサイズに違いがあるのか気になりますよね。

世界中の20の研究データを統合して導き出されたサイズは、勃起時で13.12cmです。
日本人の平均サイズと比較してもそう大きな違いはありませんね。

例えば、世界一の先進国アメリカの平均サイズは、12.9㎝なんだとか。
様々な人種が居るのでこういう結果になったのでしょう。

もちろん国によっては、ペニスのサイズが非常に大きいところもあります。

最もペニスのサイズが大きい国がコンゴ共和国です。
平均サイズは、驚きの17.93㎝です。

アフリカの国々は比較的ペニスが大きなところが多いです。

逆に、ペニスが最も小さい国はタイと言われています。
タイの男性の平均サイズは9.43cmです。

タイに旅行に行って女性遊びをする場合には、日本人のペニスは大きいと喜ばれるかもしれませんね。

ペニスを増大させる4つの方法

「うわ俺のペニス平均より小さい!」
「デカくしたい」
とお思いの紳士諸君には、ペニスを大きくする4つの方法をご紹介します。

ペニスを大きくする4つの方法

  1. 増大サプリ
  2. チントレ
  3. ペニス増大器具
  4. 手術

ペニス増大法①増大サプリ

飲むだけでペニスが大きくなる手軽さが魅力の増大サプリ。

めんどくさがりの筆者からすれば、最もオススメの方法です。

サプリでペニスを大きくするには、「シトルリン」と「アルギニン」という成分が必須です。

シトルリン ペニスの血流を促進!
アルギニン 成長ホルモンが増加!

増大サプリを選ぶ際は、この2種類の成分が入っているものを選びましょう。

これらの他に、亜鉛ビタミンなども一緒に入っているものだとさらに効果的です。

増大サプリは毎日飲んで、次第に効果を発揮するので、すぐに効果を実感するのは不可能です。

3ヶ月は継続しましょうね。

ペニス増大法②チントレ

続いては「チントレ」です。
チントレは読んで字のごとく、ペニスのトレーニングです。

手とペニスさえあれば出来るので、お金を使いたくない方にはオススメ。

チントレにはいくつかのやり方があります。
中でも「ミルキング」「ジェルキング」という2種類が有名です。

1つずつやり方を説明しますね。

★ミルキングのやり方

  1. ペニスの根元を親指と人差し指でもちます。
  2. 逆手にして根本から亀頭へ、ミルクを絞るように握りこみます。
  3. 亀頭がパンパンに大きくなります。
  4. この状態を15秒ほどキープ。
  5. 1.~4.までを10回ほど行います。

最低でも1日1回はしましょう。
続いてジェルキングです。

★ジェルキングのやり方

  1. ペニスの根元を親指と人差し指でもちます。
  2. そのままカリまでぐーっとスライドさせて一気に手をはなします。
  3. 1.~4.までを10回ほど行います。

こちらも最低1日1回は行います。
ジェルキングはペニスの大きさだけでなく長くすることにも効果があります。

どちらのチントレも、効果がすぐに出てくるものではありません。
最低3か月や半年は続けて少しずつ効果が表れます。

地道に努力しましょう。

ペニス増大法③ペニス増大器具

ペニスのマッサージを手で行う「チントレ」よりも、高い効果を得られるのが「ペニス増大器具」です。

ペニス増大器具は、大きく分けて2種類があります。

それは牽引型とポンプ型。

牽引型 ペニスを引っ張って長くする
ポンプ型 水圧や空気圧をかけて太くする

牽引型は、通常状態のペニスを長時間引っ張り、ペニスの長大を図ります
人間の手では常に引っ張るのは不可能ですが、それができるのが器具の利点です。

1日数時間~半日程度、使用する必要があります。

もう一方のポンプ型は、空気圧や水圧でペニスを吸引し、刺激を与えて太くします。
牽引型と比較すると使用するのが短時間で終わるというメリットがあります。

ペニス増大器具は、チントレよりも効果が高い一方で、チントレには無いデメリットがあります。

それは、直接ペニスに装着するため、ペニス自体を傷つけてしまったり、菌が入ってしまうことです。
一番多いものが水膨れです。少しでも異変を感じたら使うのを中止してください。

長くするなら牽引型、太くするならポンプ型、目的に合わせて選びましょう。

ペニス増大法④手術

最後は、増大手術です。

増大手術の一番のメリットは、即日で大きくなることです。
手術の種類は様々ですが、手術時間は長くても2時間程度だとか。

手術の種類には、下記のようなものがあります。

  • 陰茎全体にヒアルロン酸を注入する方法
  • 自己脂肪を注射する方法

方法の違いだけではなく、「竿の部分を大きくしたい」「亀頭を大きくしたい」といった部位毎に手術も出来ます。

一方でデメリットもあります。

それは手術費用が高額になってしまうこと。

増大手術は、美容目的と見なされ、保険が適用されないからです。

また手術が失敗し、ペニスを切断せざるを得なくなったというケースも存在します。

なんにせよ、手術を行う際は事前に医者に相談し、信頼出来るクリニックで行いましょう。

日本人のペニス平均サイズは約13cm!大きくすることも可能!

日本人のペニスの平均サイズは13㎝強でした。

実は、世界平均と比べても、そんなに劣っていないということが分かりました。

それでもやっぱり、ペニスのサイズが気になるのが男のサガ。

男性のプライドも関係してきて、大きい方が良いと思ってしまうのです。

もっと大きくしたいのであれば今回ご紹介した4つの方法試してみて下さいね。

ペニスを大きくする4つの方法

  1. 増大サプリ
  2. チントレ
  3. ペニス増大器具
  4. 手術